塗装工事

■住まいの“防水性”を保つ外壁塗装

外壁塗装を行う理由は、『見栄えを良くする』だけではありません。
実は、塗装工事本来の目的は、太陽の紫外線や雨風から住まいを守ること!
外壁表面をコーティングすることで“防水性”が高まり、外壁に雨水が浸み込んだり、紫外線の影響で外壁材が劣化するのを防いでくれます。

塗料の種類や立地条件によっても異なりますが、塗り替えサイクルの目安は約10年。
塗装の効果が切れた状態で外壁を放っておくと、雨漏りの原因になってしまうため、早めの塗り替えを心掛けましょう。

■外壁にこのような症状はありませんか?

○チョーキング
外壁に触れると、手に白い粉が付着しませんか?
この現象をチョーキングと言い、表面塗膜が劣化している合図です。

○色あせ
外壁や屋根が色あせていると感じたら、塗り替えをご検討ください。
色あせがあると、水や錆への抵抗力が低下している状態です。

○ひび割れ
この状態は、ひび割れた箇所から水分が浸入しやすい状態です。
この症状が見られる場合は、早めに塗り替えを行いましょう。

○コケ・カビ
表面にコケやカビが生えている状態は、塗膜の防水機能が完全に切れている証拠です。
建材の含水率が高まっておりますので、放っておくと建物内部に水分が染み込んでしまいますので早急に外壁塗装をご依頼ください。

■外壁塗装の効果

○外装材の保護
塗膜が剥がれて外壁材がむき出しになっている場合、雨や湿気・紫外線・乾燥などによるダメージが、直接外壁材に伝わります。
定期的に塗り替え工事を行うことで、塗装の防水効果を保ち、住まいの健康状態を長く維持することが可能です。

○機能性をプラス
防汚・防カビ・抗菌など、最近ではさまざまな機能を持った塗料が開発されています。
一番人気があるのは、断熱・遮熱の効果を持った塗料。
夏場は外から熱が伝わるのを抑え、冬場は室内の熱を逃がしにくくするため、年間通して快適にお過ごしいただけます。

○外観を整える
外壁に、汚れ・カビ・ひび割れがあると、美観を損なってしまいます。
塗装工事の際は、そういった下地の補修から行いますので、老朽化した外観がまるで新築時のように!
また、色の選び方次第でイメージをガラリと変えることも可能です◎

▼お見積もり・ご相談はお気軽に▼
【フリーダイヤル】0120-113-071
【営業時間】8:00~17:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫

一覧ページに戻る